領域「環境」の理論と実践(PDF版) | 点綴 てんせつ

1/1

領域「環境」の理論と実践(PDF版)

環境「領域」電子書籍(PDF版).pdf

¥ 2,200 税込

ダウンロード販売の商品
購入後にDL出来ます (22415862バイト)

本書は、近年の保育者養成の変化を受け、「環境」の領域において、「領域に関する専門的事項」と「保育内容の指導法」の双方の授業で活用可能なテキストを目指して作成しました。
大学・短期大学・専門学校の1回生をイメージし、なるべくわかりやすい言葉を用いて作成することを目指しました。読者が理論的な知識を活用し、主体的に学んでいくことを意図して、各章に複数の「ワーク」が設けられています。また、補足欄には、コラムやさらなる学習を行うための文献情報が記載されているので、適宜参照していただきたいと思います。また、巻末にはレポート用紙をつけ、資料として「保育所保育指針」と「幼稚園教育要領」を掲載しています。

編者 山本一成

編者のことば                           3
1章 保育における環境……………………………………………………10
1 保育における環境とは 10
  ワーク1
2 領域「環境」のねらいと内容 13
(1)幼児教育において育みたい資質・能力
(2)ねらいと内容とは
  ワーク2
3 「幼児期の終わりまでに育ってほしい姿」と領域「環境」 17
  ワーク3

2章 環境の構成と環境との出会い…………………………………20
1 保育者が構成する環境 20
(1)保育における「環境」という言葉の使い方
(2)環境構成と子どもの経験
  ワーク1
(3)環境構成の理論としての「アフォーダンス」
  ワーク2
2 環境の評価と再構成 23
(1)即興的な環境の再構成
(2)発達プロセスに沿った環境の再構成
  ワーク3
3 子どもが出会う環境とその省察 26
(1)大人の意図を超えて子どもが出会っている環境
(2)子どもが出会っている環境の省察(リフレクション)
  ワーク4

3章 人的環境
    -環境・雰囲気のなかでの保育者・子どもたちの関わり-
……………………………………………………30
1 保育の場の雰囲気と保育者 31
(1)不確かさのなかの子ども
(2)日常の経験と雰囲気
  ワーク1
(3)子どもがこの世界で最初に学ぶべきこと
2 意味を知り世界を味わうことへと誘う保育者 33
(1)道具の意味を掴むということ
(2)遊び場面が明らかにする道具の意味
(3)他者の姿から意味を掴む子どもたち
  ワーク2
3 友だちやさまざまな人との関わり 36
(1)「他者と共に生きる場にいる」者としての自覚の芽生え
(2)身近な大人との関わり-道具を通じて見出す他者と生きる場
(3)子ども同士の関わり-五十歩百歩の仲間たち
  ワーク3

4章 物的環境
   -物の性質や仕組みのおもしろさ-…………………………40
1 物の性質や仕組みのおもしろさ 40
(1) 物の性質を知る
(2) 物の仕組みのおもしろさ
  ワーク1
2 物の想定外の使い方 42
(1)想定外の使い方とは
(2)想定外の使い方から生まれるもの
  ワーク2
3 遊びを生み出す物的環境 45
(1)子どもの主体性を発揮できる環境
(2)安心して落ち着ける環境
(3)安全性と冒険・挑戦
(4)想定外の使い方が生まれる保育環境
(5)子どもが遊びやすい空間
  ワーク3
5章 自然環境
    -動植物への興味や生命に触れる経験-……………………50
1 センス・オブ・ワンダー 50
(1)レイチェル・カーソンが描いた自然
(2)自然体験によって育まれるもの
  ワーク1
(3)自然体験における保育者の役割
2 四季の変化 54
(1)春
(2)夏
(3)秋
(4)冬
  ワーク2
3 生命に触れる経験 58

6章 社会の事象
    -地域の文化や伝統行事を楽しむ-……………………………60
1 子どもにとっての地域の意味 60
  ワーク1
2 伝統的な行事との出会い 64
  ワーク2
3 地域のなかにある小学校と園との出会い 68
  ワーク3

7章 環境を探究するプロジェクト
    -多様なものの見方や好奇心・探究心を育む-…………70
1 多様な感性を生かした環境の探究 70
  ワーク1
2 プロジェクト保育と好奇心・探究心 72
  ワーク2
3 アートと保育 77
  ワーク3
  コラム

8章 環境に関わる体験の記録と評価………………………………80
1 領域環境に関わるドキュメンテーションの事例 80
(1)ドキュメンテーションとは
(2)体験の記録としてのドキュメンテーション
  ワーク1
2 環境に関わる遊びと学びの展開事例 84
(1)ウェブ・マッピング
  ワーク2

9章 子どもの遊びを支える環境………………………………………87
1 園庭の環境構成と再構成の事例 87
(1)園庭環境――遊び込める園庭へ
(2)砂 場
  ワーク1
(3)水 場
(4)山 場
  ワーク2
2 環境との出会いの事例 92
(1)遊び道具の大切さ
(2)保育者の関わりの大切さ

10章 身近な環境から生じる興味や関心…………………………94
1 標識や文字への関心が育まれる環境の事例 94
  ワーク1
2 数量や図形への関心が生まれる環境の事例 97
  ワーク2


付録:レポート用紙
資料:保育所保育指針
   幼稚園教育要領

  • レビュー

    (0)

  • お支払い方法について

¥ 2,200 税込

最近チェックした商品
    同じカテゴリの商品
      その他の商品